FXのPIPS計算法

目安時間:約 12分
  • 人気ブログランキング

pips

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も引き続きFXの基本用語について勉強していきます。

 

 

今回はFXの単位である「PIPS」に関してです。

 

 

「PIPS」はさすがに聞いたことがある方も多いかとは思いますが、

 

それぞれが一体いくらを表しているのか。

 

 

取引していく予定のドル、ポンド、円、ユーロ辺りを

 

しっかり計算できるように抑えておきましょう!

 

 

PIPSとは?

 

PIPSとは一言で言うと「Percentage in point」の略語です。

 

 

つまり、最小通貨単位の1%が1PIPSと表しています。

 

 

例えば日本では最小単位が「円」ですから、

 

1PIPS=1×0.01(1円の1%)=0.01円(=1銭)

 

となるのです。

 

 

因みに単数でも「1PIPS」という言い方をします。

 

 

PIPS計算方法

 

PIPS計算方法としては円が関わる通貨の場合、

 

1PIPS=0.01円=1銭

 

と計算して下さい。

 

 

また円の関わらない

 

・ユーロ/米ドル

 

・英ポンド/米ドル

 

・豪ドル/米ドル

 

・NZ/米ドル

 

等の場合は右側の通貨(決済通貨)に合わせて

 

1PIPS=0.0001米ドル(≒0.01円=1銭)

 

となります。

 

 

正確にはアメリカの通貨の最小単位はセントですので

 

1PIPS=1×0.01(1セントの1%)=0.01セント=0.0001ドル

 

とPIPSを計算できます。

 

 

ユーロ/英ポンド等の場合も同様に右側の決済通貨に合わせて

 

1PIPS=0.0001ポンド

 

となります。

 

 

日本円以外は0.0001が1PIPSと覚えて貰っても構わないのですが、

 

一応計算方法を示しますと、ポンドの下にはペンス(1ポンド=100ペンス)という単位があります。

 

 

ですので、1PIPS=1ペンス×0.01=0.01ペンス=0.0001ポンド

 

と計算できます。

 

 

他も同様に右側の決済通貨によって、それぞれ

 

1PIPS=0.0001豪ドル

 

1PIPS=0.0001NYドル

 

1PIPS=0.0001スイスフラン…

 

1PIPSは右側の通貨の最小単位×0.01(小数第4位)になります。

 

 

つまり計算すると1PIPSいくらか?

 

円が関わる取引の場合は計算すると、1PIPS=1銭ですが

 

他の場合のPIPSはFXのレートによって変わります。

 

 

例えば米ドル/円のレートを100円とし、

 

決裁した米ドルの1PIPSを円に計算すると

 

1PIPS=0.0001米ドル

 

=0.0001米ドル×100(為替レートより1ドル=100円だから)

 

=0.01円=1銭

 

とPIPSを計算できます。

 

 

また1万円でトレードし、100円⇒100.01円(+1PIPS)になったとすると、

 

10,000円⇒10,001円となりますので

 

この+1円が1PIPS分の利益と計算できます。

 

 

一方で100万円でトレードしたとすると、100円⇒100.01円(+1PIPS)になったとすると、

 

100万円⇒100.01万円(=1,000,100円)となりますので、

 

この+100円が1PIPS分の利益と計算できます。

 

 

このようにいくらでトレードするかによっても1PIPSいくらになるかは変わります

 

 

 

それでは通貨ペアを変えて、もう1つ計算してみましょう。

 

 

英ポンド/円の場合、レートが140円とし、

 

決裁した英ポンドの1PIPS円換算すると、

 

1PIPS=0.0001ポンド=0.0001×140(1ポンド=140円だから)

 

=0.014円=1.4銭

 

とPIPSを計算できます。

 

 

同様に1万ポンド(=140万円)で取引し、

 

1ポンド=140円⇒1ポンド=140.01円(+1PIPS)に動いたとすると

 

140万円⇒140.01万円=1,400,100円(=+100円の利益)

 

と計算できます。

 

 

計算の要領は掴めましたかね?

 

 

何故PIPSという単位を使うのか?

 

何故PIPSという単位を使うのかと言いますと、

 

「1銭っていくらか」という万国共通の単位がないからです。

 

 

例えばアメリカ人に

 

1銭=0.0001ドル

 

とは言えませんよね?

 

 

為替は常に動いていますから0.00011ドルになる事もあるでしょうし。

 

 

ですので、こうした変動も考慮して万国共通の単位としてPIPSが使われるようになったのです。

 

 

慣れれば簡単ですので、積極的に使っていきましょう!

 

 

 

それでは次回はロットに関して勉強して参ります。

 

 

 

FXの始め方~稼ぎ方をサラリーマンの空き時間に勉強できるオススメ参考書

koisukya

恋スキャFXビクトリーDX完全版

 

 

 

またFX初心者でも確実に結果を残せるよう、当サイトでは下記特典も用意しております。

 

当サイト限定特典

精度の高いトレードをする為に「FX相場の事前チェック」をする必要があります。

このシートを基にどの通貨ペアが稼ぎ易いのか。

それから今の相場は上昇と下落どちらに動き易いのか。

以上2点を事前に把握する事が可能です。

また、どういう狙いでエントリーするかまで詳細に書き込めますので、

後の反省がし易い仕様となっております。

FXはトレーダーのメンタル状態によっても勝率が大きく変わります。

余計なエントリーを抑え、稼げるポイントのみで勝負し、

速攻の損切りとギリギリまで粘る利益確定を実現させる為のメンタルチェックシートです。

全てを一読してから相場に入る事でFXへの意識も始め方も大きく変わる筈です。

獲得PIPS。勝因・敗因、改善策。

それからトレード画像まで載せられるようにしております。

月に1回このトレード画像を見て、全ての勝因・敗因を言えるように潰していく事で

エントリー・イグジットの精度も上がっていきます。

FX初心者必携のシートです。

FXの始め方として、ある手順を踏むことで最初に投資金3~10万円を確実に稼ぐことができるんです。

その始め方をマニュアル内で解説しております。

これにより1円も払わずにFXを開始することができます。

 

 

 

普段の「11Step勉強法」に加え、それ以上に分かり易い参考書。

 

 

それから、微妙なニュアンスの行き違いを是正する為の反省シート。

 

 

これらでFXの始め方すら分からない初心者の方でも、

 

稼げるプロトレーダーを目指す事も可能ですので、

 

是非飛び込んでみて下さい!

 

 

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] それでは5時間目は「PIPS」に入っていきます。 […]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
FXの勉強時間が取れないサラリーマン必見

→詳細はコチラ

FXブログランキングで1位を頂きました!!


皆さま本当にありがとうございます!


(「Ctrlキー+左クリック」がオススメです)

プロフィール

ステップアップFX創業者:RYO

FXの始め方~稼ぐ方法を

0から1つ1つ丁寧にお伝え致します。



⇒詳細のプロフィールはこちら。

FXで勝率を上げる為に
トレード資金3万円!
カテゴリー
当サイト1のオススメFX口座

■国内FX口座

(スプレッド業界最安値)

■海外FX口座

(最大レバレッジ888倍)

XMZero 口座開設
リンク集
最近のコメント

ページの先頭へ